本文へスキップ


書籍:勝ち残るリーダーシップ
SERVICE&PRODUCTS

1章 学ぼう!「優秀なリーダーの考え方」  


12.新たな気持ち「さあ!これからもやるぞ」にさせる
    /3段階の目標を設定する
   /実現の可能性を信じる
   /毎日の生活に区切りをつける


リーダーは周囲の人に対して、常に新たな気持ちにさせることが大切です。
新たな気持ちとは、グループの共通の目標に向かって、「さあ! これからもやるぞ」という意識にさせることで、このような意識になれば、仕事によりいっそう真剣に取り組むことができるからです。
なぜならば、われわれが行っている仕事は、ほとんどが毎日同じことの繰り返しに思えてマンネリになりやすく、その仕事の目標を忘れてしまい、目標にまい進する力が鈍りやすいからです。
だから、メンバーと話をしたら「さあ! これからもやるぞ」という気にさせること、これを目指してリーダーはメンバーと話をしなければなりません。
そのためには、リーダー自身が常に新たな気持ちになっていなければなりません。
リーダー自身の新たな気持ちがメンバーに伝わり、そして、その人たちの気持ちを一新するのです。

リーダーが新たな気持ちになるための第1は、常に目標を意識していることです。
その目標も、たとえば3ヶ月先の目標、1年先の目標、そして5年先の目標と、3ステップで考えていることが必要です。
あまり現実に近い、3ヶ月先という当面の目標だけを意識していると疲れます。
なぜなら、その目標に対してはすぐに結果が出るために、その結果がよくても悪くても一喜一憂しやすいためです。
しかし、もう少し先の1年先とか5年先の目標も同時に意識していると、計画の進展が着実に実感できるために、近場の目標に一喜一憂する(とらわれる)ことなく、常に新たな気持ちになることができます。

新たな気持ちになるための第2は、目標実現の可能性を信じることです。
いくら1年先や5年先の目標を描いたとしても、それが実現できるかできないかわからないならば、また、自信が持てないならば、新たな気持ちなることはできません。
だから、その目標が本当に実現すると信じることです。
この信じるということは、自分の意志でできます。
しかし、何回かやってくる「困難や失敗」で弱気になったり、信じられなくなったりするものです。
だから、「部屋に目標を掲示しておく」、また、「毎朝目標を読んで自覚する」などの方法で、目標が少しずつ実現していることを、自分の頭の中に焼き付ける工夫が必要です。

さらに、第3は、毎日の生活に区切りをつけることです。
決して昨日の延長で、今日の自分の仕事や時間を考えてはいけません。
昨日の延長で今日を迎えると、どうしても現実にとらわれた発想になりやすく、新たな気持ちにはなりにくいものです。
だから、たとえば朝起きた時に、「今日から新たな日々がはじまった。新しい自分の人生がはじまった。何か新しいことに巡り会うかもしれない」と意識することです。
このようにして、新たな1日が始まるという自覚を持つことによって、常に新たな気持ちになることができるのです。
その他にもいろいろな方法があると思いますが、自分に適した方法を考え出して、自分自身の気持ちを常に新たな気持ちにしておくことは、リーダーにとって非常に大切なことです。


←1章11へ →1章13へ
 



このページの先頭へ
 

株式会社アドバンス経営

〒530-0011
大阪市北区梅田1-1-4
大阪駅前第4ビル9F923-342号

TEL 06-6105-1076